新規お取引をご希望のお客様

メルマガ登録

店舗情報


 


 

コラム一覧

HOME»  和ろうそく»  西郷どん 西郷隆盛家紋入りろうそくセット (12cm・1本&8cm・1本)

西郷どん 西郷隆盛家紋入りろうそくセット (12cm・1本&8cm・1本)


この文字ろうそくは、古くから北国では「火を灯し徐々に消え行く姿は仏に届く・・」そんな言い伝えが残ります。
昔の心が現代に今も息づく「家紋入り文字入りろうそく」是非一度御使用くださいませ。

2018年の大河ドラマでも話題の「西郷どん・西郷隆盛」を敬う意の文字ろうそくです。
偉人に心を寄せて記念になる一品を製作してみました。


ロウソク ローソク 花ろうそく 花ロウソク 花ローソク 絵ろうそく 絵ロウソク 絵ローソク
和ろうそく 和ロウソク 和ローソク  



1

2018年 NHK大河ドラマを記念して、創業明治26年の手書き絵ろうそく専門店が、全国の西郷隆盛ファンの皆様にご紹介する家紋入り文字ろうそくを新発売となりました。明治維新の時代の志を持って日々を過ごす激動の時代はこの今の現代よりも激動の世界なのかもしれません。
このろうそくに火を灯し、心を静めて「維新志士」の御霊を感じてみてはいかがでしょうか?
是非とも、日本の伝統の和ろうそくの不思議な光の世界を体験してみてください。
2

新潟と西郷隆盛の関係は・・・実は戊辰戦争の時代、新潟県柏崎に、また新潟市北区松浜に西郷隆盛氏は陣を構えた足跡があります。また、驚くことに新潟県長岡市にて実の弟「西郷吉二郎」が戦死しています。明治の時代、空路も線路も、ましてや車もない時代に・・鹿児島から新潟への途方もないような距離においてこれだけの御縁が有り、さらに150年の時間の経過後に「家紋入り西郷隆盛ろうそく」が新潟にて生産される・・そんな不可思議に気がつきびっくりしている・・・そんな特別な思いがあります。2018年度の大河ドラマファンの自分自身が楽しみ一杯で製作しています。
花ろうそく
3

和ろうそくとキャンドルと何が違うの?
キャンドルは糸芯に石油パラフィンにて型で大量に製作します。日本の和ろうそくは和紙に灯芯を巻き芯を製作して 植物性(ハゼ)を使用して1本ずつ手作りで製作します。型を使用することもありますが、キャンドルのように大型機械での大量生産ではありません。全国でも少ない日本の「ろうそく屋さん」はみな1本を丁寧に仕上げております。日本の文化とともに独自に現代まで生き抜いた和ろうそくは世界でも類を見ない独自の文化を皆々様に支えられてこの現代に脈々と伝わっております。
4

豪雪地帯の雪国では巨大な文字ろうそくが存在します。故人の名前、固有名詞、企業名、団体名など・・
火を灯し願いを込めて、祈願する伝統的なまつりごとは遠い昔から今も続きます。2018年の大河ドラマ主人公「西郷隆盛」の不屈の精神を尊重し、文字和ろうそくの生産をさせていただきました。話題のお土産としても提案します。このは商品の販売協力店を募集します。お気軽にフリーダイヤル0120-87-6009へお問合せください。また、有名武将、英雄、偉人などのもじろうそくの少量生産もお気軽にご相談ください。
新島八重のろうそく

  • 西郷どん 西郷隆盛家紋入りろうそくセット (12cm・1本&8cm・1本)

  • 販売価格

    1,080円(税込)

  • ポイント還元1%
  • 在庫

    在庫あり

  • 購入数

カートに入れる(大)

関連商品